活動日誌−活動日誌

【18.07.04】駅前の市営駐輪場を使いやすくして…50cc以上の車両も停められるように

駅前の市営駐輪場を使いやすくして…50cc以上の車両も停められるように

  駅前の市営駐輪場を使いやすくして…50cc以上の車両も停められるように

 6月議会の一般質問では名鉄の駅周辺にある市営駐輪場も取り上
げました。昨年の6月議会で前後駅前の整備を求めた質問をしまし
たが、今回は訪問・対話をしているなかで排気量50ccから12
5cc以下の「原付2種」を駐輪できるようにしてほしいという要
望があったので、そのことを中心に質問しました。


大きく変化している二輪車事情に合わせては

 市営の駐輪場のなかでも豊明駅東の駐輪場は以前125ccの車
両も停めることができたのですが、今は50cc以下の車両なら駐
輪できます。なぜこうなっているのかについて市は「以前から50
cc以下の車両を駐輪できるとなっており、規則を徹底するまえは
50ccを超える車両を停めていってしまう方もいた」と回答。現
在の運用が規則通りに行われていることは確認されました。
 50cc以下の車両は免許も車両も維持費も安価で、大学や専門
学校に通う市民が利用しているし、普通自動車免許に付属している
という点でも市営駐輪場に停められることは必須だと思います。
 同時に1980年代の「3ない運動」以降、二輪車の情勢は大き
く変わり続け、国内の年間販売台数は


       50cc以下       50〜125cc

1980年  198万台        20万台

1990年  121万台        17万台

2000年  56万台         10万台

2016年  16万台         10万台


と50cc以下の車両が激減が止まらない一方、50〜125cc
以下の車両は2000年以降は10万台前後で推移しています。二
段階右折、時速30kmなどの規制を受けないこともあり、ある程
度お金をかけられる中年層に人気があって、駅前や公共施設の駐輪
場で受け入れが求められています。



自転車も原付も使いやすいように

 質問では昨年提案した内容もふまえて、自転車を収納するラック
(上下二段になっているもの)を導入すれば、とりわけ前後駅北、
前後駅東の駐輪場はシルバーの方の労力も減るし、収容台数が増え
てできたスペースを活用すれば原付二種も受け入れできるのでは?
と問いました。市は「どのような対策がとれるのか調査・研究した
い」と回答しました。私は岡崎市では駅周辺の駐輪場整備基本計画
をもとに対策をとっていることを紹介し、利用者の声を丁寧につか
みながら整備をして欲しいと重ねて要望しました。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)